けんせつ小町・柏倉亜美


Build KOMACHI - Ami Kashiwakura

どのような仕事をしているの?

現場監督の仕事は、工程表の作成・検討、現場の予算管理、お客様との打ち合わせ、各業者さんとの打ち合わせや段取り・手配、詳細な図面作成などをしています。
現場においてはほとんどの職人さんが年上ですが、作業の指示を出しています。

実際の作業環境はどうですか?
また、女性が働きやすい作業環境にするにはどうしたら良いですか?

私が入社した当時は、トイレは男女兼用は当たり前でした。
しかし、最近では衛生面の改善に力を入れています。
工事現場はいまでも男社会ですが、女性専用トイレの設置はもちろん、更衣室を設置したり、休憩所を分煙にしたりなど、健康的に働きやすい環境を作ることに力をいれています。
その他にも最近では。ノー残業デイの実施やITによる業務の効率化、そして地域に対するイメージアップ活動に力を入れています。

男社会の建設業界においてどのような立ち位置で仕事をしていますか?

男社会の中で数少ない女監督という事で、職人さんはみんな優しく接してくれます。
特に年上の型からは可愛がってもらえてる感じがします。
なので、無理なお願いでもなんとかしてもらえる事が多々あり、女性の特権をフル活用しています。
職人さんだけでなくお客様にも優しくしていただけることが多いと思います。
しかし、基本負けずきらいなのでやることはしっかりやります。

今後の夢、目標は?

女性ならではの視点から物事を考えてより一層働きやすい環境になるようどんどん改善し、
また現場の雰囲気が明るい作業環境を作れる現場監督を目指したいです。
そして、女性技術者がたくさん増えるように、建設業の良さをどんどんPRしていきたいと思います。