リクルート・建築


Recruit Building

現場監督の一日
Yoshihiro Kuramochi

Q.そもそも現場監督ってどんな仕事をしているの?

A.私達は『マネジメント』しています。

『建設業=力仕事』と思う人がほとんどでは?
それはほとんどが職人さんのお仕事。
わたしたち現場監督は工程・品質・安全などの管理をしています。

それは工事を進めるのにとても重要なこと。
だからこそ、責任の大きさも半端じゃない。(だからこそ、責任も大きくなります。)

一日のスケジュール
daily time schedule

AM8:00

朝礼

現場の朝はみんなでラジオ体操から始まり、今日の作業内容や危険ポイントの説明をします。
これから一緒に作っていく仲間の安全を確保する事もわたしたちの重要な役目です。

「今日も一日 安全作業で頑張るぞ!」

AM10:00

現場巡視

後輩の教育も大切な役目です。
図面を見てちゃんとできているか?
職人さんは危険な作業はしていないか?
一緒にまわって”現場を見る目”を育てます

PM1:00

明日の作業打ち合わせ

明日、業者さんはちゃんと現場にくるのか?
予定の資材は時間通りに入ってくるのか?
職人さんたちは安全に作業ができるのか?

明日の作業をスムーズに行うために、電話やメールで確認や手配をします。

PM3:00

上司と

時には一緒に現場にでて図面上ではわかりづらい所を直接確認したり、仕上がりの指導を受けたりします。

みんなで一つのものを作り上げていくには、報告・連絡・相談、いわゆる”報・連・相”を常に心がけ、情報を共有していくことが重要です。

PM6:00

事務所にて

現場と設計図が合っているか確認したり、現場パトロールチェックシートを記入したり、上司へ確認事項を報告したり。
事務所に戻ってからもたくさん仕事があります。